文字サイズ

[ 診療科 ]

神経内科

神経内科は、内科の一分野として脳や神経、筋肉に症状が現れる「からだ」の病気を診る科です。「動きにくい」「力が入りにくい」「もの忘れ」「しびれ・ふるえ」「頭痛・めまい」といった症状のある方を診察・治療しています。

パーキンソン病、認知症(アルツハイマー病)、脳梗塞、てんかん、末梢神経障害などの疾患も対象です。外科的治療が必要な場合は脳外科、整形外科などと協力して診療します。気になる症状のある方はお気軽にご相談ください。

医師紹介

非常勤

井川 正道(いかわ まさみち)

医師免許取得年 平成12年

専門・認定医等

日本神経学会神経内科専門医・指導医
日本人類遺伝学会臨床遺伝専門医・指導医
日本内科学会総合内科専門医・指導医
難病指定医

所属

福井大学医学部附属病院 脳神経内科
副科長・講師(地域高度医療推進講座)
福井大学医学部附属病院 遺伝診療部 副部長

非常勤

米田 誠(よねだ まこと)

医師免許取得年 昭和58年

専門・認定医等

日本神経学会神経内科専門医・指導医
日本人類遺伝学会臨床遺伝専門医・指導医
日本内科学会総合内科専門医・指導医
難病指定医

所属

福井県立大学 看護福祉学部教授・学部長
福井大学高エネルギー医学研究センター 客員教授

外来診療担当表はこちら