文字サイズ

ご挨拶

[ 理事長ご挨拶 ]

住み慣れた地域で
自分らしい暮らしづくりを
目指して

寿人会グループは、昭和18年に鯖江市で木村病院としてスタートし、
約80年にわたり地域の皆様が住み慣れた地域で、
家族や関わりのある親しい人たちと最後まで生活したいという
自然な想いを実現するために寿人会は時代のニーズに応えてまいります。

超高齢社会が加速を増す中で、重度の要介護状態となっても
住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最期まで続けることができるよう、
住まい・医療・介護・予防・生活支援が一体的に提供される
地域包括ケアシステムの構築の実現を目指します。
特に、病気の治療後にも快適な生活を送るためには、
リハビリテーションはかかせないものであり、
当グループでは病院から在宅や施設への訪問まで幅広く対応が可能です。

身体合併症を抱える多くの後期高齢者のために、
良質の慢性期医療と地域包括ケアシステムを充実し、
当グループでは、医療と介護が一体となった生活の場である介護医療院をはじめ、
訪問看護・訪問介護・訪問リハビリ、介護施設など病院から施設や在宅への
ケアサービスまで自分らしい暮らしの支援ができる体制を整えております。

医療法人 寿人会 理事長木村 知行